スタッフブログ

2020.01.17

トヨタ

【エアサスコントローラー取付】00731 トヨタ クラウンマジェスタ Aタイプ(DBA-UZS186)




デビュー前車両「18 マジェスタ」に、エアサスコントローラーを取り付けました。

モニターの裏から、車速信号を取らないといけませんので、ひと手間かかりますが、比較的、作業が容易な車種です。

では、ご紹介いたします。

エアサスコントローラー取付|180系 マジェスタ




ベージュ本革が、高級感すごい





スカッフプレートを外します。





こちら、取り外さなくてもよいですが、作業性がよくなるように取り外しました。

ネジ2本、コネクタ3個





この白い爪をペンチなどで挟んで、カバーを広げます。





その奥に、エアサスコンピューターがあります。





サスコンのハーネスを用意





ギボシメスがありますが、そこにモニター裏から車速信号を繋がないといけませんので、配線をしておきます。





エアサスコンピューターのコネクタを抜きます





サスコンハーネスのコネクタを刺します。





サスコンハーネスに先程抜いたコネクタを刺します。

ハーネスを割り込ます感じです。





ナビを取り外していきます。まずは、シフトノブ。





シフトパネルを外します。

手前を持ち上げるだけでOK





コネクタがたくさん刺さっていますので注意





ナビ側にもコネクタがささっています





右側のパネルを手前に引っ張りはずします。その後に、左側も。





モニター周りのウッドパネルを外します。

上側から外していけば、割らずに外せます。





オーディオ部分に10mmボルト4本(左右2本ずつ)





意外と忘れるのが、モニターよこのネジです。

左右1本ずつ、合計2本





引っ張れば、マルチが外れます。





目的のコネクターはこちら

TVキットなどが取り付けてある場合は、TVキットより車両側に割り込ませなければいけません。





サスコンの配線を、モニター裏に引き込みます。





ハンダで割り込ませます。





絶縁したあとは、タイラップで、補強しておきましょう。

割り込ませた部分に力が加わらないようにと、絶縁テープが剥がれないように。





テストのために、サスコン本体を取り付けます。





通電OK





動作OK





センターコンソールに設置して完了となります。

本日も、無事、作業完了しました。

モニター裏の配線ですが、ハーネスが付属してますので、本来ならハーネスを使用する方がよいと思います。


お電話でのお問い合わせ 052-309-7577