スタッフブログ

2019.08.30

トヨタ

連載14 バッ直電源追加|17 クラウンアスリート(JZS171)






社内ではiPadで音楽や映画を楽しむのですが、少し低音が弱いなと感じていましたので、「サブウーファー」を導入しようと思い、電源とオーディオ出力の配線をしました。

まずは、助手席足元まで出して、後日、トランクルームまで引き込みます。

これを機会に、全て、外部アンプにしようと思いましたが、なかなか、時間がかかりますので、サブウーファーだけにしました。

まずは、配線を助手席まで持ってきます。

バッ直電源・オーディオ出力配線




パワーアンプは名前の如く、パワーを使いますので、基本的にバッテリーから直で電源を持ってきます。





グローブボックスの裏からエンジンルームまで配線を取り回しますので、助手席周辺をバラします。





こちら、クラウンの純正アンプですが、社外ナビを直結しているので、使用していません。





アンプの裏にエンジンルームへの道がありますので、アンプを外します。





外部出力を取るために、ナビをはずします。





彩速ナビをいつもつかっていますが、この外部出力のハーネスはややこしいですね。

すべて、このハーネスに集まっています。





お値打ち価格の電源コード。





バッテリー横から車内へ引き込みます。





赤いコードがなぜかいやなので、コルゲートチューブ被せて配線処理。

もちろんですが、まだ、バッテリーにはつなげていません。





車内に入ってきてますね。





お値打ちなRCAケーブル





リモートの配線ももちろん、接続。





ナビに繋げましたが、ホコリがすごいですね。


反省。。。





ナビを戻します。



RCAケーブル・電源ケーブル・リモートケーブルが出てきています。





パネルを戻して、助手席に置いときます。

まずは、走行できるようにしました。

配線をしましたが、実はまだウーファーボックスを作成していません。

スペアタイヤの位置に埋め込むか、リアシートのコンソールボックスに埋め込むか、トランクを少し潰して置くか迷走中です。。。。

お電話でのお問い合わせ 052-309-7577