スタッフブログ

2019.08.16

トヨタ

ドライブレコーダー取付(2カメラ)|00527 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン様(TA-JZS175 )






ご成約車両 トヨタ クラウン様の「ドライブレコーダー取付」を施工いたしましたので、ご報告いたします。

「Yupiteru DRY-TW7500dP」は、前後を監視できますし、有名メーカーの商品ですので、安心できます。

このモデルは、説明書がついてませんので、操作方法などは、ネットで見ないといけません。

現代の波ですね。

では、ご報告いたします。

ドライブレコーダー(前後2カメラ)取付




簡単にシガーソケットから電源を取るタイプではなく、直結するハーネスがついています。

比較的、取付になれてないと、取り付けれないですね。





卓上テスト=フロントカメラOK





卓上テスト=リアカメラOK





グローブボックスをバラします。





ピラーも取り外します。





シフトパネル周りをバラします。





こちら、いつかは接触不良になりますので、最後に、配線整理します。

エレクトロタップは、怖いです。。。





必要なのは「ACC電源」。まずは、十分な電圧があるかを調べます。





キーOFFにすると、ほぼ「0」になりますので、OKです。

アースも確認しておきました。





後ろのカメラを設置。

見えやすい位置に。





配線を取り回します。





フロントまできました。





電圧の変換器を収める丁度いいスペースがあります。

12Vを5Vに変換して、ドライブレコーダーまで流れます。





シフトパネルから、ブローブボックスへ





グローブボックスからピラーへ





位置決めは、ワイパーの届く範囲から、映さないと、雨の日に映りません。





きれいに脱脂してから貼り付けるのは基本です。





運転の邪魔にならない位置に設置





余分な線は、グローブボックス内にまとめます。





先程の、エレクトロタップを全て外します。





配線をまとめます。





グローブボックス周辺の配線もまとめます。





フロント=チェック完了





リア=チェック完了

本日も無事に取付完了しました。

ドライブレコーダーはおすすめ商品です。

お電話でのお問い合わせ 052-309-7577